ホーム>学院長ブログ>2010年6月

2010年6月

2010.6.10 社交ダンス体質

 学院に通っているある生徒さんが、先日、血液健康度検査を受けた時の話をしてくれました。
その検査で、いろいろな数値やグラフのデータと共に“もっと身体を動かしましょう”というコメントが出たそうです。
「???」
彼女は、ここ数年社交ダンスを1週間に数日やっているし、以前よりも身体を動かしているという手ごたえを感じているのにおかしいな、と検査官に言うと、
「このグラフの形は、運動の選手やインストラクターとか、つまりプロの方に多く出てくるものです。だから、そういう人達もこういうコメントが出るんですよ。なぜかと言うと、同じ動作をしても身体を非常に上手く使えているので、身体に負担がかかっていないからです。だから、疲れても身体に溜まらないのでしょう。」
ということで、運動不足というわけではなかったようでひと安心。
「あなたは社交ダンスを踊っていて、きっと身体を効率よく上手く使っているんですね。交感神経と副交感神経のバランスがものすごく良いです。」
と言われて、彼女はとても嬉しかったという事です。

“もっと身体を動かしましょう”というコメントは、データの使い方に問題があったのでしょうか。
この話の中には、私がこの日記で今までに書いてきたいろいろな事が含まれていると思います。
社交ダンスは、運動量の多い少ないが問題ではなく、運動の質が大切なのですね。
事実、彼女は最近目ざましく上達していると私は感じていましたので、まさに社交ダンス体質になっているということの証明であり、とても納得のいく話でした。
彼女だけでなく、学院の他の皆さんも同じ検査をしたら、同じような結果が出る方が大勢いるのではないかと、私は思います。

2010.6.6 近くのレストランでひと休み

 学院の近くに、雰囲気と味が良い私のお気に入りのイタリアンレストランがあります。
生徒の皆さんの中にも、レッスン後にお茶を飲みに立ち寄っている方もいらっしゃると思いますが、私もメダルテストの帰りなどに生徒の皆さんと入ったりしています。
こういう店は1人では入りにくいようなのですが、時々レッスンの合間に休憩と気分転換の為に1人で入っています。
寂しげな光景に見えるようですが、かえって1人だと店内のいろいろな方と話ができる時もあって、結構楽しい時もあります。

私が1人でいると、眼のギョロッとした背の高い店長さんがよく話しかけてくれます。
そのせいか、昨年の暮れには おせち料理をすすめられて買ってしまいました。
しかし、その おせち料理を持って正月に知人宅に年賀に行ったところ、皆にとてもおいしいと評判がよかったので、それを店長さんに話すととても喜んでいました。
その店長さんは、今春松戸の方へ転勤になってしまい、少し寂しく感じています。
ある日、私の席を通りすがりに、「お先に」と声をかけてきた若い女性がいました。
全く知らない顔だったので、「誰だろう」と不思議な顔をしていると、「あら、いつも店内でお見かけしていたので、私って勝手に知り合いの方だと思い込んでいて声をかけてしまったの。どうもすみません。」
その後、気をつけてみると、彼女も1人でよく来ていることに気がつき、店で顔を合わせた時は時々話をするようになりました。
世の中にはそそっかしいというか、面白い人がいるもんですね。
  この店の店員は学生アルバイトが多く、皆笑顔で明るい子が多いな、と感じているせいか、馴染みの店員が多くいます。
その中の1人、大学2年生の彼はとても感じがよく、私から時々話しかけたりしていましたが、いい歳のおじさんから声を掛けられても迷惑なのかな、と少し気になっていました。
ところが先日、ドリンクバーを取っていると後ろから突然声をかけられました。
「守田さん、会えて良かった。私は大学が忙しくなったので、今日でこのバイトは終わりなのです。ぜひ最後に守田さんにお会いして、ご挨拶をしたいと思っていました。」
寂しいけど、嬉しかったですね~。
そして、しっかりしていて、将来有望な学生ですね。
そういえば今頃は、学生アルバイトの入れ替わりの時期です。
寂しくもあり、楽しみでもあります。
ページ上部へ